最近、自信を持つ方法というテーマやタイトルの書籍が書店でもいくつか見られるようになりました。



私がこの「自信を持つ」ということ、このテーマに着目したのが今から3年前になります。



そして今もこのテーマについて研究を重ねています。



自己否定感が強いということが、自信のなさのひとつの理由になると思います。



つまり、自分のことを否定的に観たり、捉えたり、考えているために、自分の言動に自信がもてずにいるわけです。



そのために、人と接していく時もおどおどやビクビクといった感じになって、それが相手に違和感を覚えさせる結果になったり、自分に自信がないために、そんな自分を相手は否定的にみるのではないかという思いが出てきて、結局人間関係がギクシャクしていくということにもなってしまいます。



またそのために自分の能力に対する自己評価も低く、結果として仕事で苦労したり、進路の選択を誤ったりという問題まで発生してきます。



そこで、ここでいくつかの例をあげながら、自信を持つ方法を書かせてもらいました。



是非、参考にされて、少しでもお役に立てて下さい。






カテゴリー

記事一覧
自信をもつヒントを提供します!